鮫島弓起雄 | Yumikio Sameshima


「八百万の神」という考え方を基にした作品、かつて大和絵でよく使われたすやり霞という手法を参考にした作品など、日本の文化や地域性に関連したものを制作している。

1985年
東京都出身
2010年
東京造形大学彫刻科卒業

主な活動に、亀山トリエンナーレ(2017年、三重県亀山市)、「時」を感じるアート展(2017年、伊勢丹新宿店)、ホテルアートフェス(2017年、パークホテル東京)、ゲンビどこでも企画公募展(2016年、広島市現代美術館)、小須戸ARTプロジェクト(2016年、新潟県新潟市)、野外アート展「トロールの森」(2015年、東京都杉並区)など

web site